格安SIM/WiMAX/ポケットwifi/格安スマホ/iPhone/パソコンを分かりやすく解説

最高の格安SIM・WiMAX比較

格安SIM

あなたが本当に選ぶべき格安SIMとは?MVNO各社を比較

更新日:

この記事では、格安SIMの料金と通信速度について、実測、実際の使用の快適さ、用途による速度調整(通信の最適化)について誰もが分かるように解説し、自分のニーズ(月の通信量や用途)に合った格安SIMを選べるよう、MVNO各社を比較して紹介します。

※MVNOとはMobile Virtual Network Operaterの略で仮想移動体通信事業者といいます。

ドコモやauなどのMNO(移動体通信事業者)の回線設備を借りて通信サービスを行っており、自前の回線を持っていないので「仮想」と定義されます。要するに使用料を払ってドコモやauなどの回線を使わせてもらっている通信事業者です。

 

格安SIMは非常に便利です。

月にネットが高速通信で3ギガ使えて、10分かけ放題を付けても月額2,000円ほどで済みます。

ドコモやauなどのキャリアは、月に2ギガで電話は無制限にかけ放題ですが、月額は6,500円、端末保証オプションなどなんだかんだで7,000~7,500円になります。

その差は約5,000円です。

毎月5,000円、1年では60,000円になります。

使い勝手はドコモなどのキャリアとほぼ変わらないので、格安SIMに買えるだけで毎月5千円、年間6万円が節約できるのはとても大きいです。

MVNO各社の格安SIMの特徴

格安SIMの特徴は大きく以下の6つです。

1.月に2~3ギガプランなら月額料金約1,600円

2.5~10分電話かけ放題オプションが月額約900円

3.MVNO各社キャンペーンをやっていて半年間月額900円ほど割引あり

4.MVNO各社とも最低契約期間は1年でキャリアの2年より短い(違約金はキャリアと同じ約1万円)

5.通信速度は、12時台と18時台のみ実測0.5Mbpsほどしか出ないので少し遅いが、その他の時間帯は実測3~20Mbps出るのでドコモなどのキャリアと同様に快適

6.12時台と18時台でも速度の落ちない格安SIMもある。

 

12時台と18時台はネットワーク混雑時間帯といわれ、皆が一斉にスマホを使うため、ドコモやauなどのキャリアであっても通信速度は落ちます。その回線を借りてサービスをしている格安SIMも同様に実効速度が落ちます。

この時間帯だけは速い通信は望めませんが、サイトを見たり、高画質でない動画を見るくらいはストレスなく出来ます。

また、12時台18時台でも、UQモバイルとワイモバイルだけは、ドコモなどのキャリアと同様に速い通信が可能です。

UQモバイルはauの、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランド(実質的に子会社)と呼ばれ、他の格安SIMより良い条件で回線を使えるため速い通信速度が出ます。それでいて料金は他の格安SIMとほぼ同じです。

用途による速度調整=通信の最適化とは

通信の最適化を行っているMVNOは、楽天モバイル、BIGLOBEモバイル、mineoです。

通信の最適化とは、簡単に言うと画像を劣化(荒く)させてデータ量を少なくすることです。

データ量が半分になるため画像が少し荒くなります。

httpsサイトの場合は通信の最適化は適用されませんが、httpサイトの場合に通信の最適化が適用されます。

現在は、サイトのほとんどはhttps形式のため、それほど気にする弊害はありません。

主にjpgファイルが圧縮(劣化)の対象になります。png形式だとたいして圧縮(劣化)されません。ほとんどの写真はjpgファイルなので、httpsではないサイトで写真を掲載しているサイトが影響を受けます。

楽天モバイルには通信の最適化を回避する方法はありませんが、BIGLOBEモバイルには最適化を解除できるAPNがあります。mineoは2018年9月頃をめどに最適化を解除できる方法が公開される予定です。

おすすめのMVNO格安SIM

次に、ニーズごとのおすすめ格安SIMを紹介します。

ポイントは以下の4つです。

1.12時台18時台でも快適に使いたい=ドコモなどキャリア同様のレベルがいい場合

2.とにかく安く使いたい場合

3.LINEやTwitterやInstagramなどのSNSを月2ギガ以上使う場合

4.iPhone6sかSEを1万/2万円で手に入れたい場合

1.12時台18時台でも快適に使いたい場合

UQモバイルかワイモバイルがおすすめです。

この2つは「もはやauとソフトバンクと同じ通信速度」と考えて過言でないです。どの時間帯でも実測5~20Mbpsの速度で通信できるので快適でないことは皆無です。

最安レベルの格安SIMと比べると1年間の料金総額が2,000円ほど高くなりますが、2ギガプランで5分(UQモバイル)/10分(ワイモバイル)かけ放題が月額1,980円で使えます。

ちなみにこの2社のみはサブブランドのためか原則として2年契約です。

大きな違いは、UQモバイルは余ったデータ量を翌月にのみ繰り越せますが、ワイモバイルはできません。

また、両社とも月額料金は電話かけ放題込みで1,980円ですが、UQモバイルは5分、ワイモバイルは10分かけ放題です。

この点ではワイモバイルのほうが利便性が高いですが、統計では1日の平均電話回数は1回で平均通話時間は2分とのことなので、5分かけ放題では足りないことは必ずしもないと言えます。

UQモバイルはSIMのみよりiPhoneとセットがおすすめ

UQモバイルはSIMのみの契約もお得なのでおすすめですが、スマホ端末とセットだと、iPhoneSEは実質負担10,000円、6sは24,000円で手に入るのでおすすめです。

アップルストアのSIMフリーiPhoneだと、それぞれ4万、5万以上します。

キャンペーンの詳細確認と申し込みは以下のリンクからどうぞ。

UQモバイル iPhoneキャンペーン

また、SIMのみの場合は以下のキャンペーンサイトで申し込むと5,000円~10,000円のキャッシュバック、対象スマホ(iPhone除く)とセットなら11,000円~15,000円キャッシュバックなのでおすすめです。

さらに、WiMAXを一緒に契約すると12,000円のキャッシュバックがもらえます。

このWiMAXは、プロバイダがBroadWiMAXなので、月額3,411円と業界最安なのに加え、他社WiMAXからの乗り換え違約金を19,000円まで負担してくれます。

加えて、端末の当日発送や当日店舗受け取りまで可能です。

UQモバイル キャッシュバックキャンペーン

ワイモバイルはソフトバンク以外からの乗り換えにおすすめ

ワイモバイルはSIMのみの契約の場合、月額400~600円×24か月間割引になるのでおすすめです。(ソフトバンクから乗り換えの場合のみ適用外)

ライバルのUQモバイルと比較した時のメリットは、

●かけ放題が5分多い10分かけ放題
●iPhoneSEはどちらも実質10,000円で契約できる

デメリットは、余ったデータ量を翌月に繰り越せないことです。

このあたりは、自分の使用状況を考慮して使いやすい方を選べばよいでしょう。

ワイモバイル キャンペーン

2.とにかく安く使いたい場合

おすすめはこの4つです。

●BIGLOBEモバイル
●IIJmio(Internet Initiative Japan=アイアイジェイミオフォン)
●楽天モバイルのスーパーホーダイプラン
●LINEモバイルのソフトバンクプラン

月3ギガならBIGLOBEモバイルが最安

BIGLOBEモバイルはキャンペーンで半年間破格の1,200円割引です。(ドコモ回線のみ)

3ギガプランが、6か月×400円+6か月×1,600円=12,000円で1年間使えます。

6ギガプランは、6か月×950円+6か月×2,150円=18,600円です。

別途、10分かけ放題オプションをつけるなら+月額830円です。

通信速度は格安SIMでは速い方で、12時台は約0.4Mbpsと少し遅いですが、その他の時間は2~20Mbpsと速い通信が可能です。

また、ビッグローブ光やBIGLOBE WiMAXを契約している場合は、BIGLOBE会員月額料金が200円割引になるのでおすすめです。

BIGLOBEモバイル

月6ギガなら月額1,300円のIIJmioが最安

IIJmioは、キャンペーンで、6ギガプランが月額1,300円=1年間15,600円で使えます。

別途、10分かけ放題オプションを付けるなら+月額830円かかります。

実効速度はBIGLOBEモバイルと同じく格安SIMでは速い部類です。

1番おすすめは楽天モバイルのスーパーホーダイプラン

ちょうどローラがCMしていますが、このプランははっきりいって非常に使えます。

このプランは2ギガプランが最もおすすめですが、月に2ギガまではIIJmioなどと同等の高速通信が可能で使い切ると低速モードになります。低速モードはいつでも切り替え可能で、実測は12時台18時台は300kbps、それ以外の時間は1Mbpsで、通信量無制限で使い放題です。

しかも10分かけ放題がコミコミでついて月額1,480円です。

条件は、楽天会員になること(無料)、3年契約をすることですが、なんと(なぜか)いつ解約しても違約金は9,800円で変わりません。1年以内でも3年目でも同じです。

1Mbpsという実測は、スマホなら高画質動画が途切れずスムーズに見れるほどの速さです。

YouTubeはおろかAmazonプライムビデオの高画質動画も余裕で見れます。ネットサーフィンの快適さは言うに及びません。

パソコンやテレビ画面で高画質動画をみたいなら1Mbpsでは足りませんが、家に光回線がある、WiMAXやポケットwifiがある場合は、スマホなら1Mbpsあれば十分、つまり十分な速度が出て10分かけ放題が付いて間違いなく業界最安の月額1,480円のスーパーホーダイプランが最強最安のプランです。

楽天モバイルスーパーホーダイプラン

3.SNSをたくさん使う場合

SNSを月に2ギガ以上使うなら「楽天モバイルのスーパーホーダイプラン」を除けばLINEモバイルのソフトバンク回線プランがおすすめです。

SNS無料のLINEモバイルにソフトバンク回線スタート

LINEモバイルは、コミュニケーションフリープランというのがあり、LINE・Twitter・Instagram・FacebookなどのSNSがカウントフリー=データ消費無し=無料で使えます

3ギガプランなら月額1,690円です。別途10分かけ放題は月880円。

そして、7月2日から新しくソフトバンク回線のプランが始まり、キャンペーンで非常にお得になっています。

1.6か月間×月額900円割引

2.7月と8月の契約データ量は2倍に増量

3.既存のドコモ回線からソフトバンク回線への移行手数料3,000円が無料

4.今年秋まではSNSカウントフリーは未対応

最大のポイントは、格安SIMではソフトバンク回線を使っているところは他にはb-mobileしかないので、混雑時間帯でも影響をほとんど受けず、常に速く快適な通信が期待できることです。

ソフトバンクがLINEモバイルの51%超の株式を保有し出資しているため、実質子会社となったLINEモバイルは、ワイモバイルと同等の通信品質までサービスレベルが強化されると考えられます。

また、今までは格安SIMで使えなかったソフトバンクのSIMロック解除非対応端末=iPhone6、6plus、5sなどが使用可能になります。

特にiPhone6や6plusはスマホとしてはかなり高性能なので、格安SIMで使えるようになると嬉しい人も多いはずです。

3ギガプランは6か月×790円+6か月×1,690円=13,800円で使えます。

月の契約データ量を超過しても各種SNSは高速通信で無料で利用できるので、SNSを多用する人には1番おすすめの格安SIMです。

LINEモバイル ソフトバンク回線

4.iPhone6sかSEを1万/2万円で手に入れたい場合

格安SIMをスマホ端末とセットで契約することで格安で手に入ります。

iPhoneSEなら、UQモバイルかワイモバイルでセット契約すると実質負担1万円で手に入ります。

iPhone6sは、UQモバイルなら実質24,000円です。ワイモバイルは実質36,000円なのでおすすめしません。

UQモバイル iPhoneキャンペーン
ワイモバイル iPhoneキャンペーン

まとめ

1番のおすすめは「楽天モバイルのスーパーホーダイプラン」です。

格安SIMのなかでも飛びぬけて安く、月額1,480円でスマホが快適な速度で使い放題+電話が10分かけ放題です。

同じくらいおすすめは、UQモバイルかワイモバイルのiPhoneセットプランです。

iPhoneSEが実質10,000円、6sが24,000円で契約できます。どちらも申し分ない性能の端末が破格の安さです。

通信量多めで高速通信を使いたいならIIJmioなら月6ギガを最安で使えます。6ギガあればテザリングを使っても安心です。

とりあえず格安SIMを試したい場合は、BIGLOBEモバイルかLINEモバイルのソフトバンク回線が良いでしょう。

違約金がないマイネオはおすすめできますが、MNPを使う場合は転出手数料が10,000円とられるので、結局違約金が10,000円あるのと変わりません。

以上、「あなたが本当に選ぶべき格安SIMとは?MVNO各社を比較」のご紹介でした。

自分のニーズに合った格安SIMを契約して快適なネットライフをお楽しみください。

-格安SIM

Copyright© 最高の格安SIM・WiMAX比較 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.