格安SIM/WiMAX/ポケットwifi/格安スマホ/iPhone/パソコンを分かりやすく解説

最高の格安SIM・WiMAX比較

格安SIM

BIGLOBEモバイルを分かりやすく解説!au回線がかなり速くておすすめ

更新日:

BIGLOBEモバイルは非常におすすめできる格安SIMです。

au回線とドコモ回線の2つの回線プランがありますが、比べるとau回線のほうが断然速くて快適です。

ただし、エンタメフリーオプションはあまり使えないので、それなら楽天モバイルのスーパーホーダイの方が絶対コスパが良いです。

楽天モバイルスーパーホーダイの実際の使い勝手・評判をどこより分かりやすく解説

BIGLOBEモバイル公式サイトへ

なので、手持ちのスマホがSIMロック解除できない場合以外はau回線が断然おすすめです。

簡単に言うと、

  1. au回線:平均30Mbps、12時台は約5Mbps
  2. ドコモ回線:平均15Mbps、12時台は約0.5Mbps

30Mbpsと15Mbpsの違いはほぼ体感できませんが、5Mbpsと0.5Mbpsの差は天と地ほどの差です。

まさに「サクサク快適」と「イライラ不満」です。

スマホの通信速度は1Mbpsがひとつの基準になります。パソコンの場合は3Mbps。

1Mbpsあれば、480p画質の動画をスムーズに再生できます。720pの高画質も止まらずに見れます。

スマホでもパソコンでも大丈夫です。

0.5Mbpsだと、360pは問題なく見れますが、480pはちょっと厳しいかなという感じです。

ふつうのサイトを見る、いわゆるネットサーフィンは0.5Mbpsでも特にストレス無くできますが快適ではないです。

画像の多いサイトやアクセスの多いサイト、構成が重たいサイトは0.5Mbpsでは厳しいです。

7秒くらいは真っ白の読み込み画面のままです。画像はなかなか表示されません。

1Mbpsあれば重いサイトでも約2秒で文字が表示され、画像もすぐに表示されます。

BIGLOBEモバイルを簡単にまとめた結論

一言でいうと、1年間なら1番安くていつでも速く快適に使える格安SIMです。

  1. au回線が断然速い。12時台も快適!
  2. 1年間の利用期間で見ると1番安い!
  3. YouTubeやAbemaTVなどを無制限で見れる月額480円のエンタメフリーオプション
  4. 3ギガ、6ギガ、12ギガの3プラン
  5. 余ったデータの翌月繰り越しが出来る
  6. 全てのスマホでテザリングが出来る

最低利用期間の1年を過ぎると解約金はかかりません。

エンタメフリーオプションは、画質が360pで固定な点に注意です。

480p=やや高画質、720p=HD、1080p=フルHDなどの高画質では見れません。

とはいえ、スマホで見るなら360pでもそれほど粗くないので全然見れます。高精細ではないですが。

余ったデータの翌月への繰り越しが出来るのは実は大きいメリットです。

例)6ギガプラン(6GB)の場合

<1月> 3GB使用
プラン容量(6GB)-1月利用量(3GB)=余り3GB
→翌月の繰越容量(3GB)
<2月> 2.5GB使用
プラン容量(6GB)+1月の繰り越し(3GB)-2月利用量(2.5GB)=余り6.5GB※
→翌月の繰越容量(6GB)
※ 繰り越しの上限は、契約プランの容量になります。
この場合は6GBが上限のため、超えた分の0.5GBは消滅します。
ワイモバイルはこの繰り越しが出来ないのが唯一のデメリットかもしれません。
繰り返しですが、通信速度についてはauと同じと言っても過言ではないです。
auより毎月6000円安く、3ギガや6ギガを10分かけ放題つきで使えるので、とくにauユーザーは乗り換えない理由が無いというか、乗り換えないデメリット=損失のほうが大きすぎませんか?

BIGLOBEモバイルのおすすめポイント

  • 月額480円のエンタメフリーオプションでYoutube、AbemaTVなど見放題
  • キャンペーンが超強力~約15000円割引
  • au回線のタイプAの通信速度がかなり速い
  • 余ったデータの繰り越しが出来る
  • 全てのスマホでテザリングが可能
  • 月600円で毎月60分の通話が無料、または3分かけ放題
  • 月830円で毎月90分の通話が無料、または10分かけ放題
  • 通話料金が30秒9円で最安
  • 違約金が8000円と他より2000円安い
  • 2回線目以降なら未成年名義(6歳以上)で申し込める
  • BIGLOBE WiMAX 2+やBIGLOBE光を使っていると月額料金200円引き
  • 高速で安全なWi-Fiスポットがたくさんある(6GB以上のプランだと無料)
  • 初月無料+友達紹介プログラムでさらに1ヶ月無料
  • 親会社がau=KDDI

BIGLOBEモバイルのデメリットと注意点

  1. エンタメフリーオプションの画質は360p以下に固定なのが微妙
  2. ドコモ回線は平均的な格安SIMなのでおすすめしない
  3. 13か月目以降は「安さという1番の武器」が消える
  4. 楽天スーパーホーダイにした方が良い場合がある
  5. LINEモバイルにした方が良い場合がある

エンタメフリーオプションは上記の通り微妙です。360p画質で満足な場合にはとても有用です。

ドコモ回線(タイプD)は12時台の通信速度が並みの格安SIMなのではっきり言えばダメです。

同様の条件でドコモ回線が良いなら「楽天スーパーホーダイ」がおすすめです。

13か月目以降でもau回線なら速くて高くない優秀な格安SIMですが、BIGLOBEモバイルに限らず、最低利用期間を過ぎたら他の格安SIMに乗り換えましょう。

理由は単純で、キャンペーン適用で安くお得に契約できるからです。

必要なギガが月に3ギガ、あるいは6ギガなら、もしくはドコモ回線を使いたいなら、楽天スーパーホーダイが甲乙つけがたいライバルです。

楽天スーパーホーダイの簡単まとめ

スーパーホーダイの特徴

  1. ドコモ回線(10月から楽天自社回線に移行)
  2. 切り替え可能な低速モードが1Mbpsの速度で使い放題
  3. 低速モードは12時台と18時台は300Kbps
  4. 2年契約・月2ギガプランなら1980円
  5. 10分かけ放題がコミコミ
  6. 12・18時台は0.7Mbps出る高速モードを推奨

スーパーホーダイが向いている人

  • スマホで動画をたくさん見る人
  • 毎月のギガ数が4ギガ以上使う人
  • 速い通信速度を求めない人
  • ドコモのSIMロック解除できないスマホを使う場合

たとえば、720p画質の動画を見る場合、スマホだと4時間で約1ギガを消費します。

パソコンだと1時間で約1ギガも消費します。

動画を見る時のギガの消費について詳しくはこちらを参考ください。
Amazonプライムビデオや動画サイトの実際のデータ(ギガ)消費量を解説

なので、スーパーホーダイは基本的にはギガ消費が多い人に向いています

通信速度は約5Mbpsあるとすごくサクサクになります。それ以上速くても体感差はほぼ無いです。

1Mbpsはちょっとサクサクくらいの体感です。

体感差は間違いなくありますが、決して不満を感じるレベルではないです。

なので、違いにシビアな人はスーパーホーダイの低速1Mbpsモードは微妙ですが、高速モードなら平均5Mbpsなので問題なしです。

スーパーホーダイはドコモ回線なので、SIMロック解除できないドコモのスマホの場合はとてもおすすめです。

無論、SIMロック解除していないドコモのスマホでも使えます。

ちなみに、今年2019年の10月頃から順次、楽天モバイルの自社回線に移行するとのことですが、おそらくはドコモの通信設備を借りている現在の状況から買い上げるのだと思われるので、ドコモのSIMロック解除できないスマホが10月以降使えなくなることは無いと思われます。

LINEモバイルの簡単まとめ

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの3つの回線プランがありますが、ソフトバンク回線が一番速くて快適なのでおすすめです。

ソフトバンク回線なら、平均15Mbps、12時台も2Mbps以上出るので非常にサクサクです。

強みは、LINE・Twitter・Instagram・Facebookが高速で使い放題になるSNSフリー=カウントフリー機能です。

カウントフリーは、ギガを消費しないだけでなく、月3ギガなどの契約プラン容量を使いきって速度制限がかかっている状態でもSNSは高速で使えるというすぐれものです。

注意点は、SNSは基本高速で使い放題ですが、各種のLIVE機能は対象外なので通信量=ギガを消費するということです。

とはいえ、LIVE機能を使うことは少ないはずなので、けっこう使える格安SIMなのは間違いないです。

ただし、SNSは1Mbpsあればどれもサクサク使えるので、スーパーホーダイの低速モードの方が便利かもしれません。

よって、ドコモとau回線の速度がイマイチなのも考慮すると、ソフトバンクのSIMロック解除できないスマホを持っている人におすすめの格安SIMです。

新規とMNP乗り換えの場合は約7000円の割引があるので、この点でもおすすめできます。

ちなみに、LINEモバイルは株式の51%をSoftbankが、49%をLINEが所有しており、実質はソフトバンクの子会社なので、ソフトバンク回線については今後も快適な通信速度を維持していくと思われます。

最後に結論

結局、なんだかんだ言っても「超サクサク動く」ことはかなり重要です。

なので、

月のギガ数が3ギガで足りる人は、一番安い+超サクサクなBIGLOBEモバイルがおすすめです。

6ギガ必要な人は、超サクサク重視ならBIGLOBEモバイルがおすすめ、

ある程度サクサクでいいので残りギガ数を気にしたくないとか、

スマホがSIMロック解除できないドコモの場合は楽天スーパーホーダイがおすすめです。

SIMロック解除できないソフトバンクのスマホだったり、

12時台と18時台に猛烈にインスタグラムを使うような人はLINEモバイルのソフトバンク回線が1番いいでしょう。

-格安SIM

Copyright© 最高の格安SIM・WiMAX比較 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.